隅々まで掃除するならどっち?自分でやる場合と業者に頼む場合

自力で清掃する

自力の場合は、自分のペースで気になる箇所を入念に清掃したり、反対に対して汚れていない部分は手を抜いたりすることが可能です。しかし、市販の掃除道具では強力な汚れを落とすことは難しいといえます。特にカビやサビといった特殊な汚れは、専門の技術や道具が必要となるでしょう。

業者に清掃を依頼する

業者に清掃を依頼すると、ある程度費用がかかります。しかし、自身が清掃をする必要は全く無いので、時間を有意義に使えるというメリットがあります。また、業者は市販されていない特殊な道具を使って清掃してくれるので、素人では太刀打ち出来ないような強力な汚れも短時間で落とせます。

清掃会社は面倒なカビ掃除もお手のもの

清掃会社を利用する最大のメリットは、なんといってもカビ掃除も依頼できるという点です。カビは空気中に漂う胞子で増え続けるので、見つけたら早急に対処しなければなりません。放置すれば人体に害を及ぼすので、清掃会社にお願いして徹底的に除去してもらいましょう。清掃会社なら、ペットや赤ちゃんに害を及ぼさない安全な薬剤でカビ掃除をしてくれます。

カビを放置すると良くない理由

掃除

感染症を引き起こす

カビには300以上の種類がありますが、マラセチアのように人の肌で繁殖するような種類も存在します。自宅の中にマラセチアが発生すれば、住人の皮膚に付着して全身にニキビができたり腫れが生じたりします。原因不明の肌異常を見つけたら、すぐに皮膚科の医師に診てもらいましょう。

アレルギー反応が現れる

カビは胞子なので、呼吸から肺の中に入り込むこともあります。カビの胞子は室内外問わずどこにでも存在するもので、大抵の人は肺に入り込んでも問題ありませんが、人によってはアレルギー反応を引き起こすことがあります。気管支炎や肺炎のような症状が現れたら、早急に医師の診察を受けましょう。

中毒になる

食べ物がカビに汚染されていた場合、経口摂取すると肝臓がんや肝臓障害を引き起こすことがあります。特にアフラトキシンという種類は発がん性の強いカビなので、食品へのカビの付着にも十分に注意しましょう。乾燥果物やナッツなどの豆類、とうもろこしなどの穀物類は特に注意が必要です。

いつもの掃除だけで満足しないで!ハウスクリーニングをしてもらおう

掃除

ハウスクリーニングを頼む頻度はどのくらいが最適?

ハウスクリーニングは、2,3年に一度依頼すれば十分だという意見もありますが、家庭によって最適な頻度は異なります。エアコンを頻繁に利用するという家庭や、住人の数が多い家庭であれば一般的な家庭よりも早く室内が汚れる傾向にあるので、一年に一度は清掃することをお勧めします。前回ハウスクリーニングに依頼したのがいつだったのかわからない、定期的に依頼したいのに周期がわからなくなってしまうという人は、一年に一度を目安に依頼するといいでしょう。例えば、年末の大掃除でハウスクリーニングを依頼するという習慣を作っておくと、決まった周期で定期的にハウスクリーニングを利用することができます。

ハウスクリーニングを千葉の業者に頼んじゃおう☆

カビ掃除・対策110番

繰り返しのカビ掃除に悩んでいる方に繰り返しのカビ掃除に悩んでいる方に部屋のカビ除去にプロが対応
家事代行を大阪

神戸でハウスクリーニングで快適に!【フォーエル】

宅配クリーニングを横浜 ハウスクリーニングなら埼玉の業者に相談しよう☆

広告募集中